女性の活躍・両立支援総合サイト | 均等・両立推進企業表彰
  • ホーム >均等・両立推進企業表彰
 「均等・両立推進企業表彰」とは 

 「女性労働者の能力発揮を促進するための積極的な取組」又は「仕事と育児・介護との両立支援のための取組」について、他の模範ともいうべき取組を推進している企業を表彰し、これを広く国民に周知することにより、男女ともにそれぞれの職業生活の全期間を通じて持てる能力を発揮できる職場環境の整備の促進に資することを目的に「均等・両立推進企業表彰」を実施しています。
 この表彰は、平成11年度より実施してきた「均等推進企業表彰」と「ファミリー・フレンドリー企業表彰」を平成19年度に統合したもので、公募により実施しています。

表彰の種類

award01


厚生労働大臣最優良賞(2社程度)
 男女ともにそれぞれの職業生活の全期間を通じて持てる能力を発揮できる職場環境を整備する企業として、女性労働者の能力発揮を促進するための積極的な取組(ポジティブ・アクション)及び仕事と育児・介護との両立支援のための取組について、特に他の模範ともいうべき取組を推進し、その成果が顕著である企業。
 ※過去に均等推進企業部門もしくはファミリー・フレンドリー企業部門の厚生労働大臣優良賞を受賞し、受賞後にそれらの取組成果が進んでいると認められ、かつ、下記2部門の厚生労働大臣優良賞の表彰基準を満たす企業が対象となります。

【均等推進企業部門】
女性の能力発揮を促進するために、他の模範ともいうべき取組を推進し、その成果が認められる企業。
厚生労働大臣優良賞(5社程度)
  • 他の企業の模範となるようなポジティブ・アクションの取組を行っていること。
  • ポジティブ・アクションの取組体制があること。
  • ポジティブ・アクションの取組のうち、「採用拡大」、「職域拡大」、又は「管理職登用」の取組目標を立てていること。
  • ポジティブ・アクションの取組内容(「採用拡大」、「職域拡大」、「管理職登用」、「職場環境風土の改善」及び「働き方改革」)に関する評価項目の取組状況がおおむね5割以上であること。これらの取組の結果、応募年を含め過去3年間で、「採用拡大」、「職域拡大」又は「管理職登用」のうち2項目以上で「取組成果」が見られること。このうち、「取組成果」が見られない項目については、過去3年間の実績を比較し、実績が著しく下がっていないこと。

【ファミリー・フレンドリー企業部門】
仕事と育児・介護を両立するために、他の模範ともいうべき取組を推進し、その成果が認められる企業。
厚生労働大臣優良賞(5社程度)
  • 両立指標(平成24年2月改訂版)の評価結果が分野1、2及び4がおおむね30%以上、かつ分野3又は5がおおむね30%以上であること。
  • 両立指標の点数が370点以上(労働者301人以上の企業)、又は340点以上(労働者300人以下の企業)であること。
  • 直近の3年度において、育児や介護を行うために利用できる制度の利用状況について「取組成果」が見られること。その他、他の企業の模範となるような両立支援のための制度や雇用管理が行われていること。

※各賞の詳細な基準については、下記応募方法の表彰基準をご確認ください。

スケジュール

award02


応募資格

【各賞共通】
  • 応募時点において、男女雇用機会均等法、育児・介護休業法、次世代育成支援対策推進法及び女性活躍推進法の義務規定違反がないこと。
  • 上記以外の労働関係法令に関し重大な違反がないこと及びその他の法令上又は社会通念上、表彰にふさわしくないと判断される問題がないこと。
  • 表彰を受けた場合、取組内容の公表が可能であること。

【厚生労働大臣最優良賞】
  • 過去に厚生労働大臣最優良賞を受賞していないこと。

【均等推進企業部門】
  • 女性活躍推進法第8条に基づき、一般事業主行動計画を策定し、届出及び公表を行っていること。なお、一般事業主行動計画の公表は「女性の活躍推進企業データベース」上で行っていること。
  • 女性活躍推進法第16条に基づく、自社の女性活躍に関する情報公表を「女性の活躍推進企業データベース」上で行っていること。
  • 過去に均等推進企業部門の厚生労働大臣優良賞(過去の均等推進企業表彰の平成11年度若しくは平成12年度における労働大臣優良賞若しくは努力賞、平成13年度若しくは平成14年度における厚生労働大臣優良賞若しくは努力賞又は平成15年度以降における厚生労働大臣最優良賞若しくは優良賞を含む。)を受賞していないこと。

【ファミリー・フレンドリー企業部門】
  • 過去にファミリー・フレンドリー企業部門の厚生労働大臣優良賞(過去のファミリー・フレンドリー企業表彰の平成11年度若しくは平成12年度における労働大臣優良賞若しくは努力賞又は平成13年度以降における厚生労働大臣優良賞若しくは努力賞を含む。)を受賞していないこと。

応募方法

 以下の応募フォームをダウンロードし、記入いただいた応募フォームを事務局あてにメールまたは郵送にて送付ください。
  • 応募フォーム
  • 表彰基準
  • 資料関連

【応募書類送付先】
メール::environment@tokiorisk.co.jp
郵 送:〒100-0004 東京都千代田区大手町1-5-1 大手町ファーストスクエア ウエストタワー23F
     東京海上日動リスクコンサルティング株式会社 製品安全・環境本部
        「均等・両立推進企業表彰」事務局宛
                    担当:坪井・藤井  TEL:03-5288-6582

【応募の際の留意事項】
  • 「応募用紙(両部門共通)」については応募する表彰の種類にかかわらず必要です。
  • 均等推進企業部門とファミリー・フレンドリー企業部門とは応募用紙が異なりますのでご注意ください。
  • 厚生労働大臣最優良賞に応募の際は、両部門の応募用紙にご記入いただき、ご応募ください。
  • 応募書類は返却いたしません。応募書類に記載された内容については本表彰の審査以外には一切利用いたしません。また、審査内容の詳細、選外となった企業名等に関するお問い合わせ、審査結果に対する異議申し立てについては一切お受けできません。


award03



審査結果の発表など

  • 平成28年度「均等・両立推進企業表彰」受賞企業については近日公表予定です。
  • 受賞企業に対して表彰状及び記念品を授与いたします。
  • 表彰式に引き続いて表彰企業の人事労務担当者様をパネリストに迎え、女性の活躍推進や仕事と育児・介護との両立支援についてのシンポジウムを開催いたします。→詳細はこちら

過去の受賞企業一覧



 お問い合わせ窓口 

「均等・両立推進企業表彰」事務局
(東京海上日動リスクコンサルティング(株)内)
担当:坪井・藤井
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-5-1 大手町ファーストスクエア ウエストタワー23F
【TEL】03-5288-6582  【FAX】03-5288-6596
【Email】environment@tokiorisk.co.jp

本事業は、厚生労働省の委託事業として実施しているものです。厚生労働省